title

セルティマ(ジェイゾロフト)の効果や特徴を詳しく解説します

セルティマの効果について

現在、抗うつ薬として開発された医薬品の種類は実に豊富です。

しかし、そのすべてが同一に効果を発揮するわけではなく、属するグループによって異なる特徴があります。

抗うつ薬は開発された年代が古い順に、「三環系」「四環系」「SSRI」「SNRI」「NaSSA」の5種類に分けることができます。

セルティマはSSRIに分類される抗うつ薬であり、ほかの種類の抗うつ薬に比べておだやかに効果が現れていくという特徴があります。

効き目がおだやかである分、人体への負担が少なく、副作用のリスクが少ない点がポイント。

より安全性を重視したうえでうつ病治療を進めたい方、ほかの種類のうつ病を服用したことによって副作用に悩まされた経験がある方におすすめです。

セルティマの効果の特徴

SSRIに分類されるセルティマには、三環系やSNRIなどほかのグループに属する抗うつ薬と違った特徴があります。

抗うつ薬はうつ病治療に欠かせない医薬品ですが、含有する有効成分が人体に強く影響することも事実。

そのため、症状の程度や体質に合っていない抗うつ薬を用いて治療を始めてしまうと、副作用を招くリスクが高まります。

副作用が発症するリスクを極力減らし、少ない負担で安心安全にうつ病治療を進めていくためには、それぞれの特徴を知ったうえで自分に合った抗うつ薬を使用することが大切です。

ここでは、セルティマの特徴について紹介しています。

セルティマがどのような抗うつ薬なのか気になっている方、今後セルティマを用いてうつ病治療をしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

おだやかな効果

セルティマは、三環系をはじめとするほかのグループの抗うつ薬に比べると、決して強い効果を発揮する抗うつ薬ではありません。

もちろんうつ病の治療は問題なくできるのでその点は心配無用ですが、効き目の強さを重視する方には不向きといえるかもしれません。

しかしその一方で、ほかのグループの抗うつ薬に比べて「効き目がゆっくり現れる」という特徴があります。

これによって人体への負担が少なく、安全にうつ病治療を進めていけるのがポイント。

安全性を重視し、じっくり確実に治療したい方、ほかのグループの抗うつ薬では体への負担が大きかった方におすすめの抗うつ薬といえます。

副作用が少ない

効き目の現れ方がおだやかであるという点にあわせて、「副作用が起こりにくい」という点もセルティマの特徴のひとつです。

ゆっくりおだやかに効果が現れるということは、体にかかる負担もその分だけ少なくなるということ。これによって副作用を引き起こすリスクも抑えることができます。

強力な効果を持つ医薬品を用いることでスムーズに治療できるかもしれませんが、その分、体への負担は大きくなり、副作用を引き起こすリスクも高まります。

その点、セルティマは副作用を招きにくい医薬品なので、安全にうつ病治療を進めるのに適しています。

また、副作用として現れる症状も、ほかのグループの抗うつ薬に比べて軽度であるケースがほとんど。副作用が現れた場合も、数日あるいは1週間程度で自然に治まっていきます。

このように抗うつ薬のなかでも安全性が高いことから、医療現場では初期治療の際に用いられるケースが多く見られます。

セルティマの効果が現れだすタイミング

SSRIに分類されるセルティマは、ほかのグループの抗うつ薬に比べておだやかにゆっくりと効果が現れるのが特徴です。

そのため、体にかかる負担が少なく、安全にうつ病を治療できるのがポイント。

しかしこれについて、「おだやかに効果が現れるというのは、具体的にどの程度の時間がかかるの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

一般的に、セルティマの効果が発現するまでの期間は、服用してから2週間といわれています。

とはいえ、これはあくまでも目安であるため、必ずしもすべての人がこれに当てはまるとは限りません。1週間弱で効果が出始めることもあれば、2週間経っても効果を実感できないこともあります。

セルティマはSSRIのひとつ

セルティマもほかの抗うつ薬と同じように、急に服用を中止したり自己判断で減量したりすることで離脱症状を招く可能性があります。

セルティマの離脱症状にも身体的なものと精神的なものがあり、いずれの症状を発症した場合もすみやかに医師に相談することをおすすめします。

セルティマの身体的な離脱症状として、手足のしびれや耳鳴り、倦怠感、吐き気などが挙げられます。

一方、精神的な離脱症状として、イライラ感や不安、不眠などが挙げられます。

一般的にこれらの症状は2週間前後で自然におさまっていくことが多いといわれていますが、発症期間については個人差があります。人によっては数ヶ月もの間、発症し続けることもあるようです。

ドーパミンも微量に増加させる

うつ病の症状として、意欲の低下や憂鬱感が挙げられます。これは、神経伝達物質のひとつであるドーパミンが減少していることを意味します。

ドーパミンは脳内で生成される神経伝達物質のひとつであり、意欲を向上させたり集中力を上げたりする役割を担っています。これが減少することで、モチベーションが低下し、うつ症状を引き起こす可能性が高まります。

一般に抗うつ薬にはドーパミンの増加を促す効果は確認されていませんが、セルティマは別です。

セルティマには、微量ながらドーパミンを増加させる効果が確認されています。

セロトニンも再取り込みを阻害するというSSRI本来の効果に加え、ドーパミンを増加させることによってうつ病を治療します。

セルティマが向いている人

同じうつ病でも、人によって症状の度合いは異なります。

早期治療が見込める軽度な症状にとどまっている方もいれば、長期にわたる治療を余儀なくされるような重度の症状を患っている方もいます。

うつ病を治療する際は、こうした症状の度合いに合わせて抗うつ薬を使用することが重要です。

軽度な症状であるにもかかわらず強い効果を発揮する抗うつ薬を使用すれば、その分、体にかかる負担が大きくなり、副作用を招くリスクが高まります。

逆に、重度な症状を患っている方が効果の弱い抗うつ薬を使用しても、十分な効果が得られず、きちんとうつ病を治療できない可能性があります。

SSRIに分類されるセルティマは抗うつ薬のなかでも効き目が弱い部類に入るので、軽度の症状が現れている方におすすめです。

軽い症状であればセルティマで治療することが十分に可能であり、また体に大きな負担がかかることもありません。

また、セルティマはそもそも体への負担が少ないので、副作用を引き起こすリスクが低い点もポイント。

初期治療の際に適しているほか、過去に三環系や四環系といった抗うつ薬を使用して副作用が現れた経験がある方にもおすすめです。