title

セルティマ(ジェイゾロフト)といったSSRIの特徴を詳しく解説します

セルティマはSSRIに分類される治療薬

うつ病治療に欠かせない抗うつ薬は、その構造や作用機序から5種類に分けることができます。

開発時期が古いものから順に、「三環系」「四環系」「SSRI」「SNRI」「NaSSA」があります。

ここで紹介しているセルティマはSSRI、いわゆる「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」に分類される抗うつ薬です。

もちろんいずれの種類の抗うつ薬もうつ病治療に適した効果を発揮しますが、それぞれ特徴が異なります。

では、SSRIにはどのような特徴があるのでしょうか。

いずれの種類の抗うつ薬を使用するか迷っている方、SSRIについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

SSRIの特徴

開発時期が最も古い三環系の抗うつ薬は、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質のはたらきを強めることでうつ病を治療します。

なかには、尿もれや不眠症の改善も期待できるものもあります。

一方、最も新しく開発されたNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)には、脳内のノルアドレナリンを増量したりセロトニンの作用に関与したりしてうつ病を治療するという特徴があります。

このように、抗うつ薬はその種類によって特徴が異なりますが、ではセルティマのようなSSRIにはどのような特徴があるのでしょうか。

セロトニンの減少を防ぐことでうつ症状を改善

SSRIは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という正式名称からもわかるように、セロトニンのみに作用する抗うつ薬です。

三環系、SNRI、NaSSAはセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用し、また四環系はノルアドレナリンのみに作用することを踏まえると、これはSSRIならではの特徴といえます。

うつ病発症時は、脳内のセロトニン濃度が減少していることがわかっています。

セロトニンは心を安定させるために必要不可欠な神経伝達物質であり、何十種類とある神経伝達物質のなかでも特に重要な役割を担うもののひとつです。

通常、人間はセロトニン濃度が一定量あることで精神状態のバランスを保っていますが、何らかの原因によってセロトニン濃度が減少してしまうと精神不安定な状態になります。

この状態を解消するのにSSRIが有効です。

SSRIはその名のとおり、セロトニンの再取り込みを阻害するはたらきを持ちます。

再取り込みとは、一度脳内に放出され、余った神経伝達物質が再び細胞内に取り込まれることをいいます。

このはたらきによって脳内のセロトニン濃度の減少を防ぎ、一定に保つことでうつ症状を治療します。

また、セロトニンは眠気をコントロールする役割も担っていることから、不眠症状の改善にも効果が期待できます。

SSRIはうつ病に向いている

抗うつ薬を使用するうえでよく耳にするのが、「体重の増加」です。

いつしか抗うつ薬を使用すると太るというイメージが浸透していますが、その点についてSSRIは心配ありません。

セロトニンにはわずかながら食欲を低下させるはたらきがあるため、SSRIの使用によってセロトニン濃度を一定に保てば食欲が大幅に増すことはないでしょう。

これだけに限らず、SSRIは副作用が起こりにくいという特徴があります。

抗うつ薬の使用による副作用として吐き気やめまい、耳鳴りといったものが挙げられます。SSRIもこうした副作用を招く可能性はありますが、ほかの抗うつ薬に比べるとその可能性は極めて低いといえます。

また、仮に副作用が現れたとしても、その症状は軽度であることがほとんど。

うつ病治療に適した種類の抗うつ薬ということができ、実際に多くの医療機関がうつ病治療に用いています。

SSRIの副作用のリスクも把握しておく

うつ病治療に適しているとして多くの医療機関が用いているSSRIですが、決して良い効果ばかりを発揮するわけではありません。

たとえば、いくらリスクが少ないとはいえ、SSRIも使用することで副作用を招くことがあります。

特に吐き気や下痢といった胃腸障害を引き起こすケースが多く、もともと胃腸が弱い方ならなおさら発症しやすくなります。

また、自己判断で減薬したり断薬したりすることで、離脱症状を引き起こす可能性があります。

このように、抗うつ薬のなかでも安全性が高いといわれているSSRIでも、身体に悪影響を及ぼすリスクがないとはいえません。

こうした副作用のリスクをより少なくするために、正しく扱うことが大切です。